株式売買はネット証券がよいのか

NO IMAGE

1、はじめに

インターネット環境の充実してネット証券の取引が主流になりました。
これから株式投資を始める方は、やはり証券会社に委託するよりもネット証券のほうが良いのでしょうか。
今回は、これから株式投資を始めようと考えてる初心者の方にネット証券のメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

2、ネット証券のメリット

ネット証券のメリットはやはり、手数料の安さです。
証券会社に委託した場合、かなりの金額を払わなければなりません。
せっかく利益が出たとしても手数料でトータルマイナスになってしまうこともよくある話です。
差額は取れても、手数料で利益が取れないのでもう少し利確は待たなければならないと思ったその瞬間に株価が暴落してしまうということもよくある話です。
すでに株の値段は上下していて、利確をしたいタイミングは非常にわずかです。

そのわずかなチャンスを逃してしまった場合、大幅な損失になって、メンタル的にも非常にきついことになります。

もしネット証券であれば、手数料が安いのでわずかな差額でも利益をとることができます。
株式売買が、攻めやすくなりチャンスは証券会社よりもネット証券の方が多いということがわかります。
また利確のタイミングもネット証券の方がいいです 。
利確したいときにボタン一つで利確することができます。
しかし証券会社は、証券会社の社員に連絡をしなければいけないのでラグタイムが生まれます。

3、ネット証券のデメリット

今まではメリットをあげてきましたが、必ずしもネット証券が完璧であるわけではありません。
やはりネット証券のデメリットが存在します。
ネット証券のデメリットの一つに、回線トラブルがあります。
ネット証券で売買をしている際、パソコンのトラブルや、インターネットのトラブルに見舞われた時、対処できないということです。

全ては自己判断になってしまいます。
ですからパソコンはある程度良いものでなければなりませんし、インターネット回線も途中切れてしまうような、サービスの悪いインターネット回線をあまり使わないようにしたほうが賢明です。

回線トラブルで売買ができない時、暴落する時がよくあります。
もし、 売買ができないトラブルにあった場合、ほぼほぼ株価が下がっても諦めなければなりません。
株価はいずれ上がるものだという専門家もいます。
塩漬けにして何年も何十年も待つという選択も一つですが一番良いのはやはりトラブルに遭わないことが一番です。

4、最終的な判断は?

ネット証券にも、証券会社委託もどちらにもメリットがあり
デメリットが存在します。
自分で全て売買を行ってみたいと思うのであれば
ネット証券は、一度試してみても良いかもしれません。
しかし最終的には自分の責任ということを忘れないようにしましょう。

株式投資に興味を持つために

株式投資はあくまでも中期的長期的な資産運用であると考えられますが、まずは株式投資に対して興味を持たなければリスクを伴いつつ資産を投資することなどできないのが実態だと思います。
そこでどのようにすれば、株式投資に対して興味を持つことができるようになるのか上げていきたいと思います。

まずは、企業として個人投資家をつなぎとめるために発行している株主優待券を調べるところからスタートしてはどうでしょうか。

本来、株式の売買益によって利益を得ることがポイントになりますが、企業としては個人投資家をつなぎとめるために株主優待券を発行しています。
自社のサービスをよりよく利用してもらうためのチケットと考えれば良いでしょう。

実際にインターネットや書籍でどのような株主優待券が発行されているか、人気があるかなどがよくわかります。実際にチケット屋さんなどで流通していることからもよくわかるでしょう。

次に、いくつかの業界を眺めてみてライバル企業がどのような株価の動きにあるか眺めてみましょう。そして新聞やインターネットでどのような記事が出たときに株価が上がるのか下がるのか。
それと連動してライバル会社の株価はどう変動するのか等を毎日眺めていると株式投資に対して興味を抱くことができるようになると思います。

そしてその次は株価の動きを自分自身で予測することも可能になってくるでしょう。
どのようなニュースがあれば株価が上がり、そして新聞やインターネットでどのような記事が出たときに株価が上がったり下がったりするのかが予測することができるでしょう。

ここまでくれば、どのような発信をしたときに株価が投資家に影響与えて上がるのか下がるのかまで予測できるようになります。
これが当たっていれば非常に投資家としてのレベルは上がっていると言えるでしょう。

こうして、バーチャルで株式投資を学ぶことによって将来的に投資を行う際の材料を学ぶことができるのです。
もちろん全てに正解があるわけでは無いのですが、初心者にはまずこのようなバーチャルで学ぶことが重要なポイントになってくると考えられます。
そこから実際にリアルな株式投資に移ることが成功への近道だと考えられるのではないかと思います。